So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

法人 節税 [法人 節税]


法人の節税を考えた場合、個人事業主やサラリーマンに比べて選択肢の幅が広いのが実情です。

選択肢の幅が広いことはもとより、節税で効果のある金額も大きくなる傾向にあります。
法人の経営者にとっては、お金をいくら法人に残しておけるのかが最大の争点になりますので、節税の方法についても真剣です。

法人の節税の方法としては、経費を計上する方法が一般的ですが、単に浪費するためだけに経費を使うのではなく、次のビジネス展開に生きてくるようなお金を使うことがポイントです。

ビジネスプランと節税のタイミング、キャッシュの流れなどを総合的に判断して節税をー行っていくのが法人の節税の特徴ともいえるでしょう。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

サラリーマン 節税 [サラリーマン 節税]


サラリーマンの節税については、個人事業主や法人と違って対策を立てられる範囲がかなり制限されてしまいます。

サラリーマンは給与から天引きで税金がとられていますので、税金を自分で支払い個人事業主や法人とは異なるのです。

そんなサラリーマンでも不動産投資をした際の減価償却費を計上したり、株式投資やFX投資の損失額を計上したりして、給与所得と合算することで節税を図ることができます。
保険金などで所得控除を得る方法も一般的です。

最近ではふるさと納税を利用した節税方法もありますので興味があれば情報を確認してみてください。↓
ふるさと納税




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

個人事業主 節税 [個人事業主 節税]


個人事業主の節税にはどのようなものがあるのでしょうか。

基本的に事業に必要な費用については経費算入することができます。
自宅を仕事場としているのであれば、家賃や光熱費などをその利用割合に応じて経費算入できます。

利用割合に応じてというところがミソで、実際にどれだけ使っているのかはグレーなところがあります。

家賃などの場合には、全体金額の半数が限度ともいわれています。

グレーだと思った場合、個人事業主なら青色申告会に相談に行くのがよいでしょう。
どこまでならOKなのか、親身になって相談に乗ってくれます。
(担当者によって解釈や回答が異なりますのでご注意を!)



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。